出来事

2018年

10月

14日

長崎南地区ミニバレーボール大会 

10月14日(日)長崎南地区ミニバレーボール大会   

 

 10月14日(日)海星学園体育館を会場に、女性部による長崎南地区ミニバレーボール大会が開催されました。  

 

 大会には主日ミサを終えた長崎南地区の各教会の司祭も駆けつけ、試合に加わる姿がみられました。  12教会から10チームの選手が、2つのパートに分かれて競い、応援団を含め総勢500人以上が集まり、大いににぎわいました。  

 

 本河内教会からは、2名の女性部の精鋭と山口主任神父様が小ヶ倉教会との混合チームを編成し、熱い戦いを繰り広げました。また李 信衡助任神父様は、選手の足りない別の小教区のメンバーに加わり試合に参加しました。  

 

 小ヶ倉・本河内教会は、初戦で深堀教会と引き分け、2試合目の大山教会に快勝し、大浦教会との3位決定戦に臨みましたが、惜しくも僅差で敗れました。 皆、他小教区の皆さんとのスポーツを通した親睦と交流の時間を楽しみながら、さわやかな汗を流す秋の一日となりました。

 

<試合結果 優勝:木鉢教会 準優勝:中町教会 3位:大浦教会 4位:小ヶ倉・本河内教会>

2018年

9月

16日

敬老者のお祝い

続きを読む

2018年

8月

15日

野口家の洗礼式

続きを読む

2018年

8月

14日

聖コルベ司祭殉教者祭日ミサ

2018年8月14日(火)聖マキシミリアノ・マリア・コルベ司祭殉教者祭日ミサ

 

 第二次世界大戦のさなか、アウシュビィッツの強制収容所で餓死刑に選ばれた一人の男性の身代わりとなり77年前の今日、殉教した聖マキシミリアノ・マリア・コルベの祭日ミサが、本河内教会において、コンベンツァル聖フランシスコ修道会司祭6名の共同司式により、午前11時から捧げられました。  

 

 ミサが始まる前には”聖コルベの書きものを味わいながらささげるロザリオ”を修練者の先唱で1環唱えました。  連日の猛暑にもかかわらず、年に一度のこの祭日ミサには、市内各地から多くの方が参加され、すべてを捧げ尽くしたコルベ神父様に取次を祈りました。  

 

 主司式した山口雅稔神父様はミサの中で、神様の力が私たちの上に働くように、まずは自らの力を余すことなく使った上で、自分の狭い殻から出てマリア様により頼むことはとても大切だと話されました。 また、コルベ神父様が残したメッセージ、”聖人になりなさい”は、”天国に行きなさい”と同じかもしれない。マリア様により頼めば天国に行けると教え、それを殉教によってあかししたコルベ神父様は、徹頭徹尾マリア様によりすがる人であったと話されました。

 

 また、この日は本河内教会ルルドに参詣し条件を満たせば全免償を受けられる日でもあり、ミサ後はルルドに登り熱心に祈る人の姿が見られました。